Archive for toys-etoile

パンデミック:レガシー シーズン1 :ボードゲーム

『パンデミック:レガシー』は協力ゲームである。

4つの病原体が人類の生存圏を脅かす前に治療薬を発見し、アウトブレイクを防ぐために全プレイヤーは協力しなければならない。ゲーム世界内での1年間を約60分のゲームを連続ドラマのように複数回にわたってプレイし、全員が勝利するか、さもなければ全員――人類の敗北となる。

そして『パンデミック:レガシー シーズン1』では、シークレット・ボックスを用いたゲームシステムにより、ゲームの終了まで引き返すことのできない、やり直しがきかない病原体との対決が、遊んだグループごとに独自に展開していく。

君たちが 救う/滅ぶ のは、君たちだけの世界だ!

  • ゲーム展開次第で様々な追加要素がシークレットボックスから登場。そしてキャラクターの能力やゲームボード(世界の様相)、そしてルールまでもが実際に書き換えられ、変転し、自分たちだけの「パンデミック世界での物語」が展開されるのだ!
  • 赤箱・青箱の2種類のパッケージが同時発売。内容物は同一

ル・アーブル+拡張セット:ボードゲーム

『アグリコラ』のローゼンベルグの“収穫三部作”第2弾

2009年国際ゲーマーズ賞のタイトルを獲得した『ル・アーブル』を、このたび拡張セット『ル・グランアモー』をセットにした形で日本語化だ。
本作のデザイナーは「アグリコラ」のウヴェ・ローゼンベルグ。彼の手による収穫三部作の第2弾として2008年に発表され、2009年には国際ゲーマーズ賞(International Gamers Awards)大賞、ドイツゲーム賞2位、ゲーム100選“ベスト高等戦略ゲーム”など、数々の世界的ゲーム賞を受賞している、すでに名作の呼び声も高い作品である。
ル・アーブルはフランスで2番目に大きい港町。このゲームは、港に届く様々な商品を、街やプレイヤー所有の施設で加工して交易しながら、ゲーム終了時所持しているお金、船、建物などの財産を最も多く所有しているプレイヤーが勝利となる。 ただし食料の確保がキーとなり、毎ラウンド終了時の収穫で農産物を入手して、従業員を扶養しなければならない。 たくさんの建物が出てくるタイミングや組み合わせ、さらに毎回少しずつ出てくる「特別の建物」の使い方によって、プレイするたびにゲームの展開が毎回異なるのも、このゲームの魅力となっている。

『パンデミック:レガシー』は協力ゲームだ。

4つの病原体が人類の生存圏を脅かす前に治療薬を発見し、

アウトブレイクを防ぐために全プレイヤーは協力しなければならない。

ゲーム世界内での1年間を約60分のゲームを連続ドラマのように複数回にわたってプレイし、

全員が勝利するか、さもなければ全員――人類の敗北となる。

そして『パンデミック:レガシー シーズン1』では、

シークレット・ボックスを用いたゲームシステムにより、

ゲームの終了まで引き返すことのできない、やり直しがきかない病原体との対決が、

遊んだグループごとに独自に展開していくのだ。

ボードゲーム:パンデミック・レガシー

『パンデミック:レガシー』は協力ゲームだ。

4つの病原体が人類の生存圏を脅かす前に治療薬を発見し、

アウトブレイクを防ぐために全プレイヤーは協力しなければならない。

ゲーム世界内での1年間を約60分のゲームを連続ドラマのように複数回にわたってプレイし、

全員が勝利するか、さもなければ全員――人類の敗北となる。

そして『パンデミック:レガシー シーズン1』では、

シークレット・ボックスを用いたゲームシステムにより、

ゲームの終了まで引き返すことのできない、

やり直しがきかない病原体との対決が、遊んだグループごとに独自に展開していく。

ボードゲーム:スプラッシュ!

「スプラッシュ!」は、2人から6人用の、家族でも遊べる、

小さな木のブロックを積み上げるバランスゲームだ。

プレイヤーは順番に塔を崩さないようにブロックを1個ずつ積み上げていく。

ただし積み上げることができるブロックは、右隣のプレイヤーから渡される、

下のブロックと色か形のどちらかが同じものだけである。

積んだときに塔を崩してしまうと、そのブロックを渡したプレイヤーの得点になり、

自分の手持ちのブロックが増えてしまう。
いち早く自分の手持ちのブロックがなくなるか、

3点を獲得したプレイヤーが勝者になる。
相手が嫌がるブロックを選択する戦略と、

抜群のバランス感覚でブロックを乗せる手先の器用さが勝敗のカギとなるのだ!

ボードゲーム:チグリス・ユーフラテス

本作は、ドイツゲーム界の名匠ライナー・クニツィア博士が1997年に発表して

1998年のドイツゲーム賞1位を獲得した名作戦略ゲーム

『チグリス・ユーフラテス』のリニューアル版である。

メソポタミアを描いた両面ゲームボード、神殿、市場、集落、農地の合計100枚を超える

タイル類のアートワークが一新し、

指導者やモニュメントなどの建築物を表した27個のプラスチック製のコマ類も、

細部まで造形が施された新しいものにリニューアルした。

過去にプレイ経験のある方も、これから始める方も、

名作ボードゲームを新たなコンポーネントでお楽しみいただきたい。

クシディット王国記 :ボードゲーム

クシディット王国記/Lords of Xidit』では、

同時計画がゲームの中心である。

あなたは自分の行動を練りながら、相手の行動も気にしなければいけない。

ゲームは終盤に近づくにつれて、どんどん緊張が高まってくる。

脱落型得点方式により、ひとときたりとも安心できる暇はない!
当商品は、人気カードゲーム『十二季節の魔法使い』の作者である

レジ・ボネセー自身が2002年に発表した人気ボードゲーム『Himalaya』を、

自ら『十二季節の魔法使い』の舞台である「クシディット」を題材に、

豪華コンポーネントでリメイクしたファンタジー・ボードゲームだ。

 

世界の七不思議:バベル:ボードゲーム

『7 WONDERS:BABEL/世界の七不思議:バベル』は
2つの拡張ルールと追加の内容物からなり、
個別に使うことも、共に使うこともできる。
1つ目の拡張ルール「バベルの塔」では、プレイヤーは神話上の塔を建造する。
建造された各タイルは、商業、軍事、科学、民政に関して全プレイヤーに影響を及ぼす……。

2つ目の拡張ルール「バベルの偉大な計画」では、
プレイヤーはバベルの塔の周辺地域を整備する。
塔の周りに市壁や港、さらには公文書保管所さえも建設し、
オベリスクや凱旋門などの誉れ高い記念碑を建造しよう。

 

 

 

宝石の煌めき:ボードゲーム

このゲームでは、プレイヤーは商人ギルドの長となり、

」資産を使って鉱山に投資し、自分の船を新世界へ送り出し、

優秀な職人たちを雇い、原石を美しい宝石へと磨き上げよう。

 商業帝国を作り上げ、莫大な資産を持つ後援者を得て、栄光と名声を勝ち取れ!

 ゲーム中、プレイヤーは宝石や黄金のトークンを獲得する。

このトークンで発展カードを購入し、そこから威信ポイントやボーナスを受け取る。

このボーナスにより、プレイヤーは後の発展カードを安く購入できるようになる。

ボーナスが増えることで、貴族の訪問を受るこれも威信ポイントになる)。

いずれかのプレイヤーが15 威信ポイントを得た時点で、

そのラウンドの終了時に最も威信ポイントの高いプレイヤーが勝者となる。

 簡単なルールとプレイ時間の短かさに加え、深い戦略性で、

1回プレイするとすぐにもう1回プレイしたくなる、2014年の話題作だ!!

キャメルアップ:ボードゲーム

box_camelup_r

 

ゲームは8人まで遊ぶことができ、区間ごとに、もしくはレース全体で何れかのラクダの勝敗に賭け

、お金を増やすのが目的だ。

すべて負けとなるラクダに賭けることもでき、オアシスや蜃気楼を配置してレースの行方を操ることもできる。

ラクダは七不思議っぽいダイスのピラミッドを使って動かそう。

このピラミッドをさかさまにして操作すると、1個ずつダイスが出てきて、

どのラクダがどの順番で何マス進むのかがランダムに決まる。
ラクダの移動先にほかのラクダがいた場合、

後から来たラクダは先にいたラクダの上にずうずうしくも乗ってしまう!

さらに上にラクダを乗せたラクダは、次に動くときにはラクダを乗せたまま移動する。
ピラミッドの中のダイスが無くなったら1区間終了だ。

次の区間のレースはダイスを5個ピラミッドに戻して始めます。

それぞれプレイヤーは自分の資金を増やすため、区間ごと、そしてレース全体の1位と

最下位になるラクダを予想して投票する。

自分が賭けたラクダを勝たせ、対戦相手が賭けたラクダを勝たせないための

ちょっとした妨害工作や、早い者勝ちでなくなってしまう投票券。

そしてちょっとした運命のいたずらで大逆転もありうるダイスの目で進むラクダたち。

軽いルールにコミカルなギミックも楽しい、

運、推理、戦略、駆け引き、勝負勘といった様々な要素が楽しめる、スピーディなレースゲームだ!