リチャード・ガーフィールドのゴォ~スト:ボードゲーム

ghooost_box

 

プレイヤーはみんな、ゴーストが棲み付いたお屋敷のオーナーだ。

夜明けまでに、この棲みついたゴーストを追い払わなければならない。
じゃ、どうやって追い出そう?
もっと怖いゴーストで、ゴーストを怖がらせて追い出すんだ!
屋敷にゴーストが最後までいたプレイヤー……

そう、あなたがゲームの敗者となり、恐怖の声を叫ぶこととなるのだ!!

『ゴォ~スト!』は、自分の山札(屋敷)と手札にいるゴーストを、

最後までなくすことができなかった人が負けとなる、

『ページ・ワン』に代表されるストップ系のカードゲームである。
ただし、共通の山札が無くなるまでの前半(宵の口)と自分の山札と

手札をなくすまでの後半(未明)で変わるプレイ感と戦略性、

プレイング次第で爽快感あふれる逆転も可能な点など、

シンプルなアイディアでスキルのゲームに仕上げているのは、

さすがは『マジック:ザ・ギャザリング』や『キング・オブ・トーキョー』のリチャード・ガーフィールドといった感じ。
美麗なイラストも魅力的な、誰でも楽しめるスピーディでユニークなカードゲーム!

キング・オブ・ニューヨーク:ボードゲーム

box_kot_new_york_jp

君はニューヨークの王を目指す巨大モンスターです!

他のバカでかい怪獣と戦いを繰り広げ、目の前にある物は全てぶちこわそう。

勝利のためには、敵を攻撃し、高層ビルをへし折り、新たな能力を手に入れ、スーパースターとなり、

ついでに軍隊にも気を配らなければなりません。

人類はまだ降伏しないようです……。
あなたは1体の怪獣となり、自分の番でダイスを6個ふって戦うことになります。

ダイスの目によって、敵モンスターの攻撃、回復、カード購入のためのエネルギー獲得、

建物や軍隊の破壊、スーパースターカードの獲得をしたり、

軍隊からの攻撃を受けたりする。また、自分のいる場所を移動できます。
キング・オブ・ニューヨークになるためには、

ライバルより先にニューヨークを破壊して勝利点20点を稼ぐか、

生き残っているモンスターが自分だけにならなければなりません。

SOSタイタニック:ボードゲーム

sostitanic_box_jp

SOS タイタニック 日本語版』は、

沈みゆく豪華客船からの乗客救出劇をテーマにした、

フランスの名ゲームデザイナー、鬼才ブルーノ・カタラとルドヴィック・モーブランの名コンビによる、

1人からプレイできる協力型ゲームである。

プレイヤーはタイタニック号の乗員になり、できるだけ多くの乗客カードを救出することが目的です。

ゲーム開始時は船首側の4つのデッキにいる乗客を、タイタニック号が船首から順に沈んで行くため、

トランプのフリーセルの要領で船尾の方へ移動させつつ、

乗員ごとに異なる特殊技能を駆使して船外へ救出していく。

しかし、救助活動に失敗すると、時間が経過し、タイタニック号は徐々に沈んでいき、

船内はパニック状態になる。
時間の経過と船の状況をリング綴じ冊子の形式でページをめくって表現したゲームボードや、

1等旅客と2等旅客の制約、歴史的背景も加味した乗員カードに、

強力なアクションカードを使ったユニークなゲームシステムで、

1人~5人までプレイできる、幅広い年齢層で楽しめる協力型ゲームだ。

八分帝国:ボードゲーム

box_data_8min_emp_jp_r

プレイヤーは自分のターンに並べられた6枚のカードの中から1枚を選ぶ。

カードには資源やアクションが記されていて、選んだカードを取ることで、

その種類の資源を獲得しアクションを行うことができる。

しかし、カードはその並べられた場所によって価格は異なり、

残してしまったカードは次のプレイヤーの選択肢の一つとなってしまうのである。
自分にとって必要なアクションや資源、自分の手持ちの資金とほかのプレイヤーの資金、

渡したくないカード……などをかんがみながら、

カードのアクションをうまく使ってゲームボード上の各地域を支配し、

大陸に覇権をとなえ、同時に資源も集めていく。

ルールもシンプルでちょっとした合間にもプレイでき、

コンパクトでスピーディーな、繰り返しプレイすることも容易な、

初心者から上級者までプレイする人を選ばない、今海外でも注目の戦略ゲームだ!

コンセプト:ボードゲーム

box_concept

このゲームでは、プレイヤー2人1組(着席している隣同士)でチームになり、

「お題」1つを選び、他のプレイヤーにそれを当ててもらう。
2人一緒にゲームボード上のヒントになりうるアイコンの上にコマを置いていく。

一番先に「お題」を当てたプレイヤーは勝利点2点を獲得し、

出題したチームのプレイヤーもそれぞれ1点ずつ獲得する。

最終的に最も勝利点を多く獲得したプレイヤーが勝者となる。
「お題」は、各カードに初級、中級、上級の3つの難易度別に各3つずつ表示され、

その中から1つを選んで出題する。

古今東西の物、人名、音楽、作品名、ことわざ、名言など様々な分野から

全部で990種類も用意してある。

このお題をチームワークと個人のセンス、インスピレーションでヒントを出して、

上手に当てさせよう!

ヒントは、ゲームボード上に表示されている100種類以上あるアイコンの上に、

メインコンセプトとサブコンセプトの推測コマを置いて出す。
このような形でゲームを進め、みんなで抱腹絶倒のコミュニケーションを楽しもう!

ウィンターテイルズ:冬物語 :ボードゲーム

box_winter_tales_jp

ウィンターテイルズ:冬物語』は、

プレイヤー3 ~7 人用の物語創作(ストーリーテリング)ゲームである。

プレイヤー達は邪悪と弾圧の顕現たる全体主義者、“冬”体制側のクーデターにより

支配されたウィンタータウンを舞台に、その支配を強める“冬”体制側の兵士として

凍てつく世界にともる温かい灯を消さんとするか、

その体制に敢然と立ちあがる“春”の反逆者として必至の抵抗活動を繰り広げる、

幻想的で残酷な闘争の物語を紡いでいくことになる。
プレイヤー達はそれぞれ自分のターンに、カードの絵から連想される物語を、

自らの想像力により語り膨らませることで、協力して物語を綴っていく。

物語の主導権を握るプレイヤーにより変化するおとぎ話は、2度と再び同じものとはならないだろう。

ピニャ・ピラータ:ボードゲーム

box_pina_pirata_l

「ピニャ・ピラータ(“パイナップルの海賊”という意味)」は、

ファミリーで楽しめるスリリングなカードゲームです。

あなたの目的は、いち早く手札のカードをなくすことです。

冒険タイルがめくられていくたびに新しいルールが追加されていき、

『黄金のパイナップル』を求める冒険は困難なものとなっていくと思われます!!
2009年の『ドミニオン』、2012年の『Kingdom Builder(日本語版未発売)』で、

今世紀に入りドイツ年間ゲーム大賞を2度受賞している、

今最もノっているゲームデザイナー、ドナルド・X.ヴァッカリーノが作ったファミリーカードゲームです。

ブループリント:ボードゲーム

box_left_blueprints

 

ブループリント(青写真)”とは、

化学的手法を用いて青地の紙の上に白線を引いた、製図の複写のことである。
このゲームでは、プレイヤーは建築士となり、自分の建設計画にふさわしい賞の獲得や、

偉業の達成を目指して、3ラウンドに渡って競い合う。

ラウンドごとに、各プレイヤーは4種類の建設資材(ダイス)を使い、

ランダムに割り当てられた青写真カードに従った建物を建設する。

プレイヤーは場に出ているダイスを選んで、手元の青写真に配置して建物を作っていく。

しかし、ダイスを積み上げるにはその目が重要である。

上に積み上げるダイスは下のダイス以上の目でなければならない。

つくりあげた建物はそのダイスの色と配置の組み合わせによって点数が異なり、

またその目と種類などによってボーナスもある。

設計図に正確に従った場合、プレイヤーは追加得点を得ることが出来る。

しかし、さまざまな偉業を達成するためには、

計画から逸脱して即興で建設する必要があるかもしれないのである!

ゲーム終了時、賞や偉業から最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝利する!

手軽なダイス・ドラフトとパズルのような得点計算により、簡単ながらも悩ましいダイスゲーム!

 

ビブリオス 中世の写本師:ボードゲーム

box_biblios_l

 

ビブリオスはギリシア語で『書物』のこと。

このカードゲームでは、プレイヤーは中世欧州の領主となり、

他の領主達よりも立派な書庫を充実させることを目指す。
ただし、当時の書物作りは大変な作業であった。

15世紀にグーテンベルクにより活版印刷術が発明されるまで、

書物は人の手によって記されていた。

そして中世の欧州では、『聖書』は寺院の僧侶によって写本という形で作られていた

大変貴重なものだったのである。
プレイヤーは貴重な書物を読みやすく美しい書面とするため、

色のついた文字や装飾に必要な顔料をそろえ、

ひたすら根気の要る筆者作業をこなす腕の良い写本職人である僧侶をそろえ、

なるべく少ない投資で原本となる様々な写本や聖書などを買い揃え、

書庫を充実させなくてはならない。
顔料や僧侶へ支払う金額は競りによって変わっていく。

はたしてあなた他の領主達よりも立派な書庫を作り上げることができるだろうか?

独特のシステムで駆け引きも楽しいゲームで、短時間で終わるのも高評価の定番ゲーム!

パンデミック:ボードゲーム

box_pandemic2013_r

パンデミックとは、伝染病や感染症が世界中に流行することを表す用語です。
このゲームは、世界中に拡大しようとする感染症の根絶を目的とし、

プレイヤー同士が協力し合い、4種類の病原体すべてのワクチンを発見するという、

多人数協力型ゲームとなります。

プレイヤーはそれぞれ、別々の特殊技能を持ったエキスパートである

「科学者」「研究員」「衛生兵」「通信司令員」「作戦エキスパート」に加え

「危機管理官」「検疫官」からいずれかの役割を担い、ウイルスの拡散を防止する戦いに身を投じ、

4種類のワクチンの研究、開発おこなって撲滅を目指します。
プレイヤーである君たちにできることは、世界の各都市を移動し、

研究施設を作り、そこで治療をし、情報交換をしながら治療薬を発見することです。
しかし毎ターン世界のどこかで感染症が発症し、ちょっと手を抜くとたちまち病原体は広がり、

各地でアウトブレイク(拡散)が発生し、ゲームオーバーとなってしまいます。

 

この新バージョンではアートワークが一新!

マーカー類は木製になり、病原体コマはブラ製キューブになり置き・積みやすく仕様変更されました。

そして「危機管理官」と「検疫官」の2種類の役割が追加になっています。
前バージョン同様、初級・中級・上級の3つの難易度が設定できるため、

初級・中級で何回か経験したあと上級にと、順番にチャレンジすることが出来るようになっています。
勝つためにはプレイヤー間の協力体制が不可欠です。

病原体が世界中に拡散していく恐怖に対する、切迫感、無力感、絶望感を味わえる名作!